<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今年もお世話になりました。

f0101921_18364120.jpg
今日は街中は静まり返っています。うちの周りのお店はだいたい大晦日と元旦だけ休み。
定休日がない店ばかりなのでこんな淋しい光景は初めてみました。シーン…

2012年も皆様には大変お世話になりました。
めまぐるしい1年ではありましたが大変充実し自分らしい1年となりました。

2013年も突っ走っていきますv(^^)v
年明けは2日から通常営業です。
どうぞよろしくお願いいたします

Hoshikawa
[PR]
by brownbookscafe | 2012-12-31 18:43

菓子職人修行中

f0101921_20545675.jpg

姉妹店『雪』オープンまで1ヶ月きりました。
昨日、テントを張替えました♪雪にちなんで色は白。
よごれるだろうな~、他の色が思いつかなくて。。。

今週はじめから、私と製造スタッフさんで師匠のスパルタ特訓を受けています。
師匠がとっても怖いです。今日、マスク姿のまま棒でチョコレートをものすごい勢いで砕いて頂いた時、一瞬、木刀でヤキを入れてるみたいに見えて暴走族の総長かと思いました。

そんな修行の合間になんと催事にも出店しています!

この時期の街中は渋滞と人混みが凄まじいですね。
去年は日中はずっとこもって店の改装をしていたので気がつかなかった。

とにかく!!!がんばります!!!
[PR]
by brownbookscafe | 2012-12-21 21:36

新店舗、雪。

よく考えてみるとお店を引継ぐのは3店舗目なんです。
1番最初は10年以上前…
会社員が苦痛で毎日サボりに行っていたサッポロ珈琲館の社長に
「店やりたいんですけどお金なくてどうしたらいいんですか?」(←ばかっぽい…)
って聞いたら、東札幌にあるビーンズショップの売上が悪くて手放したいから、
あんたやれば?と聞かれ
「やりたーい!わーい!!!」(←ばかっぽい…)というのがきっかけでした。

その後Brown Books Cafeを立ち上げ、去年移転せざるを得なくなり、
たまたま閉店前に行ったはろー書店の後に入らないか?と言われ居抜きで在庫買取&改装。

豆菓さんは2007年からのケーキを頼んでいて、「結婚したら店やめるからー。それまでだから覚悟しといてねー」と言われていて、ついに今年の夏「店辞めるけどどーする?」って突然言われて、「う、うちでやります!」と言った。そんな流れです(汗)
この先どうなっていくのでしょうか。。。
一応、昔からの目標は変わらず。世界に飛び立つ事。
頭おかしいと思われております。。。苦笑

来週から水道光熱関係の全て契約、設備点検、テント張替え工事が始まります。
再来週からガンガン焼き始めます。修行です。
今回は内装工事は一切しないので店を作り上げるまでは簡単。
そこから商品を作り出すのが大きな課題です。
[PR]
by brownbookscafe | 2012-12-09 14:25

『Sweets & Beans 雪』 1/17(木)OPEN

ブラウンブックスカフェの姉妹店OPENのお知らせです。

2013.1.17(木)OPEN予定
『Sweets & Beans 雪』
札幌市西区西野3条2丁目3-15
am10:00-19:00/水曜定休

ケーキ、焼き菓子、珈琲豆のテイクアウト専門店。
北海道産・和素材にこだわったスイーツ&ビーンズショップ!
真っ白でシンプル、Brown Books Cafeとは真逆の和のイメージですが
すべてのお菓子が''コーヒーに合う''ことがコンセプトの店。

つぶれないようにがんばります!
どうぞよろしくお願い致します^^

ホシカワ
[PR]
by brownbookscafe | 2012-12-07 20:54

シャイクスピア&カンパニー書店

今回パリ出張の目的は
1.買付け
2.本場カフェ視察
3.シェイクスピア&カンパニー書店に行く事!!!

この話で締めようと思っておりました。

カフェには何軒も入りましたが、ここの本屋に入った時が一番鳥肌がたった。
大好きな映画「Before Sunset」の1番最初のシーンに出てくる本屋。
深い歴史と熱い思いがいっぱいつまった本屋。
おそらく世界一有名な個人店の本屋。
タダで泊まれる寝床がいくつもある世界一変な本屋!!!


f0101921_2110385.jpg


個人的にはエッフェル塔とかを見るよりここのセリーヌ川のほとりのボロボロの本屋に辿り着いて「もう死んでもいいやーーーー!」と思った。
ヘミングウェイ、ヘンリーミラー、ギンズバーグなどたくさんの作家が通った書店。
f0101921_2192540.jpg
いやぁもう語りきれないのでこちらの本を是非お読み下さい。
右の「シェイクスピア&カンバニー書店の優しき日々」の方が読みやすいかも。
実話とは思えない程のユニークさと感動のストーリー。
知らなかったのですが2代目店主ジョージ・ホイットマンは去年なくなっていた。
現在、娘のシルビアが店を切り盛りしている。
店内に書いてあるメッセージ
''live for humanity''(人類のために生きよ)
''be not inhospitable to strangers lest they be angels in disguise''
(見知らぬ人に冷たくするな 変装した天使かも知れないから)
これ日本では(一見)当たり前ですがフランスでは珍しいかも?
とにかく探している本を聞いたりしても店員さんの感じのいい事!

そしてこんな奇跡の本屋に辿り着いたのに、私はまた腹痛に襲われ「ト、ト、トイレ…ありますか?」と聞くと「I'm sorry,ないの」と言われ、逃げるように退店!
急いでダッシュして1番近いカフェに入った。
f0101921_21275585.jpg
カフェ・パニス。
ここも異常なくらい感じがよかった。ギャルソンも支配人っぽい人も「具合悪そうだけど大丈夫?」とか声をかけてくれたりフレンドリーな対応にびっくりでした。
後々知ったのだがシャイクスピア&カンパニーとはご近所さんだけあって切っても切れない縁らしく、あの感じのよさはやはり周囲を巻き込む程、伝染しているのでしょうか。

最終日、もう一度寄ろうと思ったけど50kg以上の荷物を持ってはさすがに寄れなかった。。。
絶対また行きます。
来年いきます。

私のくだらないフランス出張記におつきあい頂きましてありがとうございます。
次回から突然ですが新店舗OPEN日記になります(笑)!
今後ともよろしくお願いいたします
[PR]
by brownbookscafe | 2012-12-05 21:46

チラッと観光

f0101921_22273980.jpg
10泊12日のパリ滞在中、観光できたのはほんの1時間程度でした^^;
一応、エッフェル塔と凱旋門をチラッとみたが相変わらずイマイチのお天気。
この日も腹痛のまま(腰を曲げながら)シャンゼリゼ通りを歩きました。
ジーン・セバーグ映画「勝手にしやがれ」で新聞を売っていたのはどの辺だったのだろう…?
f0101921_22275419.jpg
おっと!LOUIS VUITTONのショウウィンドウが草間 彌生、一色。
実物大だったので本人かと思いました。日本人として誇り。
f0101921_22284365.jpg
ホテル目の前の駅の中の、PAUL(ポール)。
確か東京にはあるんでしたっけね。
f0101921_22281843.jpg
パンの他にスイーツも結構充実していた。
フランボワーズのフィナンシェが美味しかった~!

フランス日記、ラストは幻の本屋について書きますね!
[PR]
by brownbookscafe | 2012-12-02 22:35

イスパハン!

ブログを読んでくださっている方が以外にも、結構いらしゃって、
う○こ事件大変だったね〜!!!と沢山の方からご心配頂いております^^;
ハプニング大好きなのできっと呼び寄せちゃうんでしょうねー
黒人街とかにもきっと引き寄せられちゃうんでしょうね〜
ほんと予期せぬ雰囲気だったのでNYのハーレムより緊張感がありました。リュックもしょえなかった。一度、荷物が重くて3way bagをリュックにしていたら、そっこう店員さんに「危ないよ」って注意されましたし。

さて、そんな悪い事ばかりじゃなくいい事もたくさんありました。
なんと実は行きの飛行機は初めてのビジネスクラスだったんです!!!!
マイルがたまっていたせいか?
「申し訳ございません、お客様はエコノミーでしたよね?」って言われるのが怖くて、なんでか聞けませんでした。なのでビジネスクラスに乗ってて当然って顔で12時間を過ごした。時間よ止まれ〜!と思う程快適だった。。。
エコノミーでは1個¥300もするハーゲンダッツも無料!(1個しか食べれなかった)
料理もフルコース、デザートはピエール・エルメとANAのコラボデザートまで出てきました!
f0101921_23561833.jpg
ちなみに帰りも期待してビジネスクラス風の顔したけどダメでした。
修学旅行生だらけのエコノミー♪

f0101921_00249.jpg
前回書いたカフェ・ド・フロールのすぐ横、
これまた有名な1885年創業のカフェ、『ドゥ・マゴ』
写真は開店まもなかったので空いていますが、ここもフロールに負けないくらい超混雑しています。ここでカフェ・クレームを飲んでいたら「ケーキはいかがですか?」と席をまわっていたマダムが来て、食べてみたかったピエール・エルメの代表のスイーツ、イスパハンがお盆の上にあるではありませんか!
f0101921_043348.jpg
フランボワーズとバラの花びらのマカロン。初めて食べる味に感動しました。お腹をこわしていたので一口食べるごとに「いてて…」と横っ腹をおさえながらですが。

ケーキとコーヒーで¥2000近くしてびっくりしましたが、大変勉強になりました。
しかし、いたる所にあるパティスリーとかのケーキ類はアメリカみたいに大きくて大味で甘くて、もう少し繊細だと思っていたのでそれも以外でした。

私のフランス買付け旅行紀もあと2回で終わりにしようかと思います。
明日から12月です。気持ちを入替え、新店舗の準備に取りかからなくては!
[PR]
by brownbookscafe | 2012-12-01 00:24