american collectibles!!!

最近フランスにはまっている私ですが、元々はアメリカ雑貨が大好き!!!!!なんです。
''よくあるアメリカに憧れてた''ってやつです。
子供の頃は「外国」と言えば中国とアメリカしかないと思っていた。
子供の頃っていうか18歳までそう思っていました。苦笑
18歳でオ−ストラリア留学した時、韓国人、台湾、香港人、ベトナム人がいっぱいいて、え?なんでみんな中国語じゃないんだ?って思ったんです。頭わるすぎる…
しかもオースラリアはイギリス英語だったのも知らず、えっ?イギリス英語?何それ?
なんで単語が違うんだろ?とわけわからず…オーストラリアもアメリカもたいした違いはないだろうと思っていたんです。本当におバカさんです。
住んではじめて「あれ…私、住む所、間違った…」って。笑

高校生の頃は古着、古本、レコード、雑貨が大好きでした。
高校時代はバイトでかなり稼いでいたので、とにかく古着とソニープラザでお菓子を買ってアメリカを感じていました。(あとなぜか長渕剛の弾き語りをしていました)とっても変な高校生。あと読めないのに英字新聞買ったり、ポストカードやLIFEの広告集めとか。

移転して来て、たまぁに高校生のお客さんもいらっしゃいます。
とっても個性的な子が多い。10年後とかに「昔はよくブラウンブックスカフェに通ってたよ〜」とか語ってほしい。独立する人とか出て来てほしい。

やっぱりアメリカの雑貨への思いは捨てられない。年に何回か仕事で海外行けるようになりたいという夢を20年以上持ち続けていますが、なかなか叶わない。
好きじゃない物しか売れないのは本当の商売人ではないと思うんですが、なかなかできない。
うちの店にある商品はすべて私が仕入れていて大好きなものばかりです。
大好きな物だけど、お嫁に行ってもらえなきゃ、商売としてお店が成り立たない。
過去色々な物を仕入れて商売やってきました。とにかく輸入菓子は新商品は必ず買って食べたし、コーヒー器具も新製品は必ず実際に使ってみたりしてきました。そして10年以上やって最近ようやく自分が極めたい分野がわかってきたような気がします。
本当にまだまだ勉強不足です。

先週、fireking(ファイヤーキング)、old Pyrex(オールドパイレックス) 等が入荷しました☆
私が最も好きなジャンルアメリカンコレクティブルズと呼ばれるもの。
アンティークとジャンクの間みたいな存在。
私が常に店にいれるわけじゃないので、知識、良さをどうスタッフに伝えるか。
そしてスタッフがどうやってお客様に伝えられるか、まるで伝言ゲームのよう。

やっと昨日で2店舗分の上半期の帳簿付け終了!
明日からよりわかりやすくPOPに詳しく説明文を書いたりしていこうと思います!!!
[PR]
by brownbookscafe | 2013-07-17 13:50


<< お休み 夏だというのに >>